国際化する仕事仲間

言語や文化が違うからこその困難と価値についての雑記

共に仕事をする利点

これからのIT開発の現場では、海外のエンジニアと協力して仕事をする機会が増えるでしょう。国際化が進むと共に、インド人の技術スタッフともうまく仕事で付き合う心構えが求められます。
初めて海外出身のエンジニアと共に仕事を始めることになると、日本人相手のようにはいかず多少は身構える部分はあります。しかし彼らと共に仕事をしてみると、メリットがある点に気づけます。
インド人技術者と共に仕事をすると、国際標準の仕事のスタイルが身に付けられる可能性があります。日本では当たり前の仕事のルールも、海外では通用しないケースが多々ありますが、日本以外でも開発の仕事経験があるインド出身のエンジニアであれば、世界基準での仕事のノウハウを理解しているはずです。そのため彼らから学び取ることができる知識は多く、技術者のスキルアップに高い効果があるでしょう。
また外国人とのコミュニケーションに慣れていない日本人技術者も、インド人技術者と共に仕事をする機会を得て経験が積めます。海外出身の技術者との接し方が次第に分かって来ると、将来的に海外進出を考えている日本人技術者にはメリットが特に大きいです。
これから外国人と仕事をする機会が多くなると、彼らとの仕事の経験を通じて国際派技術者の感覚を身につけ成長できる可能性があると言えます。もし学ぶ所の多いインド人技術者との仕事の機会があるなら、それはマイナスの要素でなく千載一遇のチャンスと認識し、多くのノウハウを彼らから学び取る意識が成長につながっていくことになるでしょう。

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>